美健ナビゲーターは応援します!

  • 頭痛、首・肩コリ
  • 腰痛、坐骨神経痛
  • ふらつき、前かがみ
  • お腹の不調
  • 手足のシビレ

頭痛、首・肩コリをお持ちの方

頭痛、首・肩コリのイメージ

一般的にこれらの原因は、運動の過不足とされています。確かに、最終的な原因としては、その通りだと思います。特にじっと固まってる時に肩が凝るイメージありますよね⁈
では、そういう人は、運動したら肩コリがなくなりますか?また、もともと適度な運動してる人は肩コリしてる人、いないですか?

冷めた言い方をすると、スマホやパソコンから逃れられない現代人がまったく肩コリを感じないで生きていくのは至難の業です。つまり、頭痛や吐き気がするほど酷いか?気にならない程度か?の違いです。では、肩コリが酷い人は、肩に何か気質的な異常を持ってる人でしょうか?そんなことありませんよね⁈
つまり、最終的にツラくなったのは肩ですが、本来の原因はそこにない、ことがわかります。本当の原因は、もっと下、つまり、骨盤など土台となる部分にあることが多いのです。

ツラい肩コリを気にならない程度にするために…

前述したとおり、ツラい肩コリの原因の多くは、肩にないことがお分かりいただけたと思います。なのに、どうして、肩コリと言えば、もみほぐし⁈のような療法が多いのでしょうね…
むらた整体院では、もちろん、肩の向きや位置の調整もしますが、基本は骨盤や背骨など、肩や首の土台となるところを軽い刺激で本来の状態に戻していき、原因を取り除いていきます。

以下は、酷い肩コリなどの悩みから解放された方に感想を書いていただいたものです。

お客さまの感想、大きくして見る

腰痛、坐骨神経痛をお持ちの方

腰痛、坐骨神経痛のイメージ

腰痛といっても、重だるいものから、ギックリ腰のようなものまで、色んなものがありますよね。
やはり、それぞれ、痛みの出る仕組みは違います。
例えば、重だるい場合は、血流が悪いから疲労物質が蓄積して筋肉が硬くなっている、ギックリ腰なら、主に背骨など関節周りの組織が炎症をおこしている、など…
坐骨神経痛となると、主に腰椎部分の坐骨神経を何かが圧迫してることが考えられます。

外科的手術を受けなくても

このように発生の仕組みが違う腰痛・坐骨神経痛ですが、どれも骨盤や背骨の歪みを正常な状態に戻すことが根本的な原因の解消に繋がります。

骨格を正常に使うことができれば、血流もスムーズになり疲労物質の蓄積も減少、関節周りの組織にかかる負担も減り、炎症も治まってくるということです。

中でも、特にヘルニアなどの坐骨神経痛については、背骨が歪むことで神経の圧迫が増すケースが多いので、むらた整体院の施術効果に喜んでいただけるケースが多いです。(注:一部の脊柱管狭窄症のように狭窄の仕方によっては、背骨の歪みがマシになっても神経を圧迫する程度に変化がないケースもあります)

以下は、脊柱管狭窄症などを主な原因とする 酷い坐骨神経痛の悩みから解放された方に感想を書いていただいたものです。

お客さまの感想、大きくして見る

お客さまの感想、大きくして見る

ふらつき、前かがみになる方

ふらつき、前かがみのイメージ

ふらつきも前かがみも、年配の方に多いお悩みです。

ふらつきについては、脳神経外科や耳鼻科、循環器科での検査が必要な場合もありますので、まず、そちらでの検査で大きな問題がなければ、ということを前提にお話しします。

年齢(とし)のせいだとあきらめないで!

医療機関での検査で特に問題がないということになると、単純に身体の歪みや傾きなど、バランスを崩しているとしか考えようがありません。若い人なら、バランスを崩しても自然と立て直し、本人も気づなかいかもしれませんが、年配の方だとそうはいかないのです。

また、これは前述した坐骨神経痛の部分と重複するのですが、脊柱管狭窄症の方も自然と前かがみになる例が多く見られます。前かがみの姿勢が、脊柱管狭窄症の方には楽だという理由もあります。

以下は、前かがみになっていた年配の方を施術した時の画像です。

施術例のご紹介、大きくして見る

施術例のご紹介、大きくして見る

お腹の不調が感じられる方

お腹の不調の写真

肩コリや腰痛ほどではありませんが、意外と多くの方に喜んでもらえるのが、お腹の不調です。もちろん、病気を治すわけではないので、病院の検査で特に問題ないと診断されたことを前提とします。

内臓の位置って大事です!

下痢や便秘、そして、婦人科系になりますが、生理痛や生理不順のお悩みが軽減したという声はよくお聞きします。

不思議に思われるかもしれませんが、施術を受けている時に胃腸が動き出して、ぐるぐると音が出てしまう方も良くお見かけします。
歪みが整って姿勢が良くなると内臓の収まる位置も良くなり、身体の内側も血流が良くなるので、ある意味当たり前の話です。

以下は、お腹の不調の悩みから解放された方に感想を書いていただいたものです。

お客さまの感想、大きくして見る

手足のシビレがある方

手足のシビレのイメージ

手足のしびれと言っても、手がしびれるのか?足がしびれるのか?それによって予想される原因は違いますよね。

足のシビレとなると、これも前述した坐骨神経痛の部分と重複するのですが、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの方も多くが足のシビレを感じておられるので、それらの可能性が強く疑われます。

一方、手のシビレとなると、整形外科の診断として多いのは、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、あと、胸郭出口症候群、頸肩腕症候群などです。

肩の向き・高さは正常ですか?

頚椎部分の歪みの正常化によってシビレが軽減されることが予想されますが、それ以前に、肩関節の位置や向きの正常化だけで、随分楽になる方も多くおられます。

以下は、手のシビレの悩みから解放された方に感想を書いていただいたものです。※足が痺れていた方の感想については、前述の坐骨神経痛のところをご覧ください。

お客さまの感想、大きくして見る

このページの先頭へ

  • こんな症状でお困りの方へ
  • 頭痛、首・肩コリ
  • 腰痛、坐骨神経痛
  • ふらつき、前かがみ
  • お腹の不調
  • 手足のシビレ
  • 怪我や疲労の早期回復に!酸素シャワーカプセル
  • 最新情報
  • 美健ナビゲーター番外編!院長のブログページ
  • フェイスブックページ
  • ツイッターページ